鶴岡八幡宮 一ノ鳥居

2016.12.31 Saturday

0

     

    大晦日、以前初代アシスタントから教えて貰った鶴岡八幡宮の「一ノ鳥居」に行ってきました。
    段葛の入り口にある二ノ鳥居、鶴岡八幡宮の目の前にある三ノ鳥居は観光客も目にすることが多いですが、一ノ鳥居は由比ヶ浜側に少し離れていて、周りも特に整備されておらず見物客は私一人。

    1668年(寛文8年)に徳川家綱によって寄進された3つの鳥居は、235年後の1923年、関東大震災で全て倒壊します。二ノ鳥居、三ノ鳥居はその後鉄筋コンクリート製で建て替えられましたが、実は一ノ鳥居だけは、1668年建立時の備前産の石材をできるだけ生かし復元されたものらしいです。いわば一番由緒正しい本物が、最も人の目に触れていないということ。

    やっぱり実際に来て良かったです。関東大震災で落下した時の損傷箇所を眺めたり、長年の風雪に耐えて若干風化した石の表面に触ったりしながら、とても豊かな時間を過ごしました。来年はいろいろな場所に足を運び、本物を見て、そして多くの人に会うことに、より時間を使っていきたいと思います。

    みなさま今年もありがとうございました。良いお年をお迎えください。